人身事故―人事ではない

世間で言われている『重大』な犯罪ではないとしても、私達がそれに少なからず関与してしまうことがあります。
誰もが犯罪者になることを望んでいるわけではありませんが、自分が意識していなくても、何らかの罪に荷担してしまう、ということは大いにあり得ることです。
自分の行動や不甲斐なさを反省して、こんなはずではなかった…と思ってしまうこともあるでしょう。
私達は誰もがそういった事態に陥る危険性があります。
といっても、普段普通に生活していれば、そのような状況にはあまり直面しないでしょう。
では、『車の運転』に関してはどうでしょうか。
それは、どのような事態においても、たとえそれを意識していなくても、私達が何らかの『犯罪』を起こしてしまう可能性は0である、と言えるでしょうか。
決してそうではない、ということは、今までの歴史が物語っています。

車を運転している方は、誰もが「交通安全」に注意を払いながら運転を行っていると言えます。
私達も自分や他の人の命を重んじた運転を行いたいと願っています。
それはなぜでしょうか。
それは、車という乗り物が、ときに人の命を奪いかねない凶器となってしまうことを理解しているからです。
もちろん私達は進んでそのような事態になりたいとは思っていません。
しかし多くの『人身事故』は、不注意や一瞬の油断が命取りとなる場合が非常に多いのです。
そして、私達自身が、自分のことを優良運転手である、と過信してしまうことも危険です。



*Recommend Site*
交通事故に遭った被害者の損害請求をサポートしているサイトです --- 交通事故

Copyright © 2014 人身事故は相手の怪我の状態で処罰が決まる All Rights Reserved.